above the wheels

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雲いずるその国へ・その9

最終日。

砂丘を後にして、イッペイ君と別れ、僕と恋済君は南を目指す。

天気もなんとか回復、涼しい。

あっという間に中国道へ。

写真はたぶん加西SA、ここでご飯を食べながら帰りの予定を立てた。

僕はSA各駅停車、恋済君は明日の仕事に備え、SAを1個飛ばしで帰りたい。

「んじゃ、アレだね。草津PAで別れよう」と決まる。

画像 464


帰りは中央道を使おう、涼しそうだし、という理由で中央道へ進路を取る。

しばらく走って僕は草津PAへ、恋済君はアクセルを開ける。

手を振ってお互いの帰路の無事を祈る。

僕は今まで高速上で何人の人たちとこうやって手を振って別れてきたんだろう。




草津PAにて給油、地図を見て、一人で計画を立てる。

車両周りを一周して、積荷が崩れていないかチェックしなきゃ・・・・コラ。

画像 466

ゴムばっちーん。

よ、予備持ってるもんね!

積荷をやり直して、一人で出発。

関が原辺りで腕に何かが当たる。

「痛っ・・・・」

その何かが僕の腕になにかしやがってですね。

「いだだだだだだだだだ!」

画像 470

まぁ、無事には帰らせてくれませんよね、ミツバチさん。



気を取り直して中央道を一人ひた走る。

涼しいとかじゃなくて、めちゃくちゃ寒いw

カッパ脱げないじゃん、これじゃ。

寒い寒い、でも休憩もほとんどとらずに前へ前へ。

談合坂SA手前で雨、くっそ。

ノロノロとSAに入り、駐輪場に向かうと。


画像 472

「もー、待ってたんだからー」と恋済君www

なんだよ、先に帰ってたんじゃないのかよ!!www

雨と水分取りすぎによる頻尿で、結局1時間ぐらいしか変わらなかったらしいw


この後、二人でゲリラ豪雨の高速をひた走り、事故もなく帰ってきましたよ、と。




--------------------------------------------------

と、長々と書いてきましたが、これにておしまいです。

写真が雨のせいで全然撮れなくて困ったなぁ、ってのが今回の旅の感想。



後悔がひとつだけあって。


砂丘を後にして、イッペイ君と恋済君と僕の3人で走ってさ、最後にスタンドでイッペイ君とお別れだったのね。

その時握手をして、「次に会うのは何年後かね?」なんて話をしてさ。

自分のバイクの方に向かって歩き出して、ふと振り返ると恋済君とイッペイ君が握手してて。

それが太陽の加減と、乾ききらない湿った風とですっごく不思議で綺麗だったんだよね。



冷静になると、道路の埃とキャンプで薄汚れた30代おじさん同士の微妙な握手なんだけどさ(苦笑)

それを撮るタイミングを逃しちゃったのが後悔かもしれない。

いや、あの光景を写真に収められるほど、カメラの腕はないかな。



一緒に走ってくれる友達がいて、目的地に友達がいて、少しトラブルがあって。

だからこそ旅はいいもの、やめられないんです。


長々と書いてきたこの旅行記みたいなものを読んでくれた皆様にも、良き旅が訪れることを祈念します。

読んでくれてどうもありがとう。



最後に。

感謝のと祝福の気持ちをイッペイ君とカヨちゃんに。

毎回僕の旅のわがままを聞いてくれて、それでも計画を練ってくれる恋済君に最大の感謝を。



2011.9.27 何故か今日はTHA BLUE HERBが流れる自室から

コーンドッグ 拝





 
スポンサーサイト
  1. 2011/09/27(火) 16:45:12|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雲いずるその国へ・その8

そしてとうとうイッペイ君がバイクで登場!

一緒にショベルで走るのは4年ぶり2度目。

前回は最後に焼き付いちゃったんだよね、懐かしくて苦い思い出だ(苦笑

s10.jpg



さて、僕ですが昨日の石見銀山に引き続きエンジンがなかなかなかなかかかりません。

結局マグネトーの中に水が入り込んでしまって、そいつが終わりまで僕を苦しめるというオチでした。

行きに取り出さなくちゃいけなかったのはカッパではなくて、養生テープだったんだよね・・・w

s10 (1)



砂丘に向かう途中はずーっと雨。

イッペイ君のフランジボルトが無くなったけど、僕がたまたま予備を持っていたりでなんとか前へ。



どんぶりモノ三連発。

s10 (2)


s10 (3)


s10 (4)


ごちそうさまでした、でもウニ丼はもう少し値段を安くしてほしいw

s10 (5)




んで、砂丘。

ここは一回行っとくべきですね。

写真じゃわかり辛いけど無駄に、本当に無駄に砂だらけw

歩き疲れるなんてもんじゃないよw


あ、ゴメン、クレジットがイッペイ君になってないwww

s10 (6)


s10 (7)


夜はむりやり落ちてたタープを破壊して、雨宿り。

お湯を沸かしてペヤング(激盛り)をキメる。

とうふちくわ(だっけ?)などを食らうも、テンションが上がらないw

さっさと就寝。

s10 (8)


んで、朝。

s10 (9)



 帯
  水
   没
   (泣)

s10 (10)
  1. 2011/09/27(火) 15:47:37|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雲いずるその国へ・その7

朝ごはん。

s.jpg

GSないならSAを名乗らないでいただきたい(キリッ

s (1)



という訳で、世界遺産の石見銀山へ。
説明は・・・読んでくださいw

s (2)


そういや、腰痛に一回もならなかったな。

いちばんの懸念事項だったのにw

s (3)


s (4)


s (5)


s (6)



電動チャリが絶対オススメです。

s (7)


s (8)


s (9)



s (10)


穴の中はものっそい寒いです。

s (11)


日本海を眺める恋済君。

s (12)


BBQマシーンと化した恋済君。

s (13)


翌朝にハンモックでゴキゲンの恋済君。

s (14)
  1. 2011/09/27(火) 15:11:42|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲いずるその国へ・その6


初日のキャンプ場、なんと無料。
画像 380


画像 383


画像 387


メシ食べて。

画像 072


お祭り見学。

画像 075


画像 141


画像 056


IMGP0154.jpg


就寝。

画像 168
  1. 2011/09/27(火) 14:50:18|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲いずるその国へ・その5

前回から早くも10日くらい経ってしまいましたが、続けます、続けさせてくださいw

中国道に入り、天気はまぁまぁ。

前回来たときは夜、今回は昼、緑がとても綺麗でとても気持ちよく走る。


8月16日 12:55 加西SA

給油 3.65リットル

特に記憶もないですw


8月16日 13:55 勝央SA

給油 4.81リットル

さて、残り100㎞。

勝央から蒜山に至るまでの道のりは山アリ、谷アリで昼間に走るととても楽しい。

バイクも普通に走っている限り、何の問題もなく快調。


8月16日 15:02 蒜山(ひるぜん)SA

最終チェックポイントに到着。

画像 350


給油 4.42リットル

ちょっと休んで出発。

しばらく走ると、赤い鉄橋が見え「あぁ、またやってこれたんだなぁ」と感慨深くなる。

ただ、前回のような達成感はあまりなくて、ただただ「遠かったなぁ」と独りつぶやくわけで。


米子ICを通過し、山陰道を西へ。



8月16日 15:45

最終ゲートの安来ICの出口を抜ける。


画像 355


僕の連絡ミスで恋済君と入れ違いに、ゴメンよ。

安来駅で合流することにして、再びバイクのエンジンをかける。

トウキョウの近所の友達と安来の駅前で待ち合わせ、なんかとても変な気分w


安来駅に到着。

駅前の喫煙所でタバコを吸っていると、おじさんが話しかけてきた。


お「ずいぶんな荷物ですけど、どちらからですか?」

僕「あ、トウキョウからです」

お「ずいぶん遠かったでしょう?」

僕「えぇ、いろいろあってずいぶんかかっちゃいましたよ」

お「ここら辺はいいところだよ、のどかで住むにはとてもいい。食べ物も美味しいし」

僕「えぇ」

お「夏はこんな感じだし、冬は冬でなかなかのもんだ」

僕「夏しか来たことないんで、冬の景色は想像できないなぁ」

お「今度いらっしゃいな、いいですよ」

僕「おじさんの家は安来のどの辺りなんですか?海の方?」

「いや、僕大阪の人だから」



・・・・お・・・おう、やるじゃねぇか、安来駅前。



という訳でおっさんと距離を取り、自販機でジュースを買っていると遠くから聞き慣れた排気音。


橙色の弾丸改め、純白の弾丸こと恋済君の登場です。

画像 364



さて、続きは次回。



ここから先はフォトアルバム的なものになっていく予定でーす。





  1. 2011/09/08(木) 20:07:44|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲いずるその国へ・その4


走りながら夜の、夜の野郎とランデヴー。


「目的地への距離は?」とグーグル先生に聞けば、答えて曰く「750㎞にて候」。

アクセルを捻ればれば10数時間の距離、アイツならたった数時間、正にスーパーソニック、音速を超えた男達。

アイドリングは不規則な拍子を叩きつつ、されどバタフライを捻り開ければ毎度の拍子。

ボロ車に溶棒とガスを数ガロン、時にはニトロをぶち込んで、最速を目指した先人達に敬意を払い、ひたすらアクセルを開けるは真夜中の東名高速、思いを馳せるはあの事か、あの子とか。


舞台はいよいよ東海へ。

キーボードという名の物語製造機の前に、今宵もマグカップ片手に語らせていただきやす。


あなただけ今晩は。

コーンドッグと申すケチな野郎でございやす。





(前説をやってみたかっただけです、お気になさらずにwww)




今回はあんまり面白くありません、記録的なものです。




8月15日 23:30 富士川SA

雨もやみ、まぁまぁ快調。

空模様はあやしく、昼間のように道の先に怪しい雲が見える訳もないので、そのまま合羽を着て西進。

給油2.95リットル。

この辺りから、点火時期なのかジェットの番手がおかしいのか(両方とも僕がいじくった)どうにもこうにも高回転の伸びが悪くイライラ。



8月16日 0:32 牧之原SA

画像 335

とうちゃーく。

SA内をお散歩すると、ゴロ寝スペースがあったのでごろんと横になる。

出発までほとんど昼寝もせずに準備してたので、気づくと3時間半も寝てたw

ジェットを交換し出発。

ガソリン4.27リットル。


8月16日 5:05 浜名湖SA

ジェット交換は時に意味がなかったみたい、ということで元の番手に戻す。

ここで先発組の恋済君から電話、あーでもない、こーでもない。

画像 010

給油4.15リットル。


走る、けどもどうやっても90キロが限界、頭の中はマグネットの構造やら、点火時期やら、ポイント部分の接点やらが駆け巡り、イライラは頂点へ。



8月16日 6:45 刈谷PA

自分で走れなくしといて、イライラが頂点に達するんなら、てめぇで直しちゃいなよ。

という訳で、マグネットを軽くばらすことに。


画像 345

おりゃー、やればできる子!!という訳でバラしました。

予備パーツはきちんと持ってるからの芸当だもんね、コイルを交換して、コンデンサーも換えて。

ポイントがいちばん怪しいから、新品に換え・・・・換え・・・・・。


さすがのアメリカン・クオリティ、新品なのにポイントの接点がズレてて使い物になりませんwww

チキショー、と元に戻したわけで。

ここで火花見ようと思って、プラグを外す訳なんですが、プラグレンチが見当たらない。

はい、浜名湖SAに忘れてきたんですね。

無理矢理モンキーで開ける、気分は凹む。


給油5.27リットル、8:26に入れたから2時間弱のロス、出発。


伊勢湾岸道って気持ちのいい道路なんですよ、ホントは。

でもねぇ、プラグレンチなくすわ、アクセルは開けられないわじゃ、気分は乗らないですよ。

やっぱりプロのセッティングを自分で勝手に煮詰めようとするからこういうことになるんだよ、と自分を戒めつつ西進。

348先輩すみませんです、トホホ。



カッパを脱いで、気を取り直して東名阪から新名神へ、少し調子を取り戻したのがせめてもの救い、か。




8月16日 9:34 土山SA 5.84リットル




makiさんから「大丈夫?車出そっか?」とのメール、心底ありがたい。

画像 349

天気はこんな感じ、給油後カッパをまた着込む。


途中に豪雨、ってかスコール。



8月16日 10:37

大津SAにはスタンドがないことが発覚したので、草津PAにて給油、2.64リットル。

PAの駐輪場にはカッパを着てないバイク乗りの人達の姿が、みんなかわいそうにびっしょびしょ。

僕?さっぱりとしたもんですwww

さっぱりと出発、雨の中ですがフロントフェンダー万歳な感じで進みます。




8月16日 11:40 西宮名塩SA


この辺は特にドラマもありません。

駐輪場にバイクを止めると同時に地面に座り込んだのは憶えてます、誰かスポーツドリンク買ってきて的な勢いで。

もちろん誰も買ってきてくれやしませんがw



携帯の写真ですが、たこ焼きも食べてみました、美味しいかどうかも憶えていないぐらい憔悴してました。

110816_1148~01

今度は天気が良過ぎて湿気と紫外線との闘い、日焼け止め万歳。

給油4.57リットル。


そしていよいよ中国道へ、となります。

続きは次回。



(ちなみに前説は某番組オープニングのパクリでございますw)

 
  1. 2011/08/29(月) 18:25:24|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雲いずるその国へ・その3

コメントの返信は後回しになっちゃってます、すんません!


さて、続きです(今日は写真はありません)。




渋滞も特にはなく、かといってスイスイ進むわけでもなく、トウキョウ独特の車の流れ方っていったらいいのかな、あんな感じでひとまず環八へ。

信号で待っていると後ろから似たような排気音が。

バックミラーで確認すると恐らく新車のスポーツスター、僕の山のような荷物をじーっと見てる。

ヘルメットの下で彼はどんな顔をしてたんだろう?



環八を南進し、右折、東京インターに突入。

そのままアクセルをぐいっと開けて少し走ると、料金所だ。

減速し、ETCの信号が緑色に光っていることを確認、ゲートへ突入。

さぁ、バーよ開け、僕の旅はここから本番だ、さぁ!







さぁ!








さぁ!!










さぁ!!!(卓球の愛ちゃんではありません)












「はい、感知できませんでしたー、チケット取ってくださーい」(係員さんのアナウンス)




オ、オッケーだぜ、少々のトラブルは旅のスパイス。





8月15日 21:32


仕方なくチケットを取り、そのまま海老名SAに滑り込む。

地図を見るついでにタバコに火をつけると、後ろの方から悲鳴というか叫び声というか。

テディベアを抱え叫んでいる女がいた。

その女をなだめるために、ベンチに座らせ顔を嘗め回していた男がいた、もうね「べろんべろん」とですよ。

それを、砂かぶりの席ぐらいの近距離でガン見する夏休み旅行中であろう小学生。





えーと、母さん、開始1時間ちょいで鬼や蛇どころじゃなくてだいぶカオスなんですが。






叫び声を後ろにエンジンをかけ、さっさと走り出す。

「やれやれ」とヘルメットのなかでつぶやいたようなつぶやかなかったような。





8月15日 22:20


足柄SAに到着。

エンジンを切って、ヘルメットを脱ぐ、「ふう」とため息、目の前にガン泣きしてる子供。

うん、もうね大抵のことじゃ驚かないよ、僕。


たぶん親御さんが車を離れてトイレに行っちゃったんだろうね、子供が寝てると思って。

危ないから「こっちに出ると車にぶつかるから、そこで待ってな」と言って僕はトイレに。



トイレから戻ってくると親御さんに抱えられて、泣き止んでました。

頼みますよ、ホントにもう。

給油、6.16リットル。


あまり休まずさくさく進む。




ざああああああああああああああああぶんぶーんああああああああああああああ。




はい、今度は雨です。

東裾野のBSにお邪魔させてもらって、荷物を漁る。

えーと・・・ゴム紐じゃなくて、携行缶じゃなくて、養生テープじゃなくて、これこれ、カッパね。

新品のカッパを着込む、しまった・・・サイズでけぇや、これ。

・・・ったくもう。


さて、進むかね。






で、僕はこの時カッパのサイズだけじゃなくてもうひとつ致命的なミスを犯していた。

旅の最後まで響く重大なミス、今思えば初歩的すぎるよ、もう。




でも、それに気づくのは相当後の話になるんだ。









という訳で、今日は寝不足なのでここまでとさせていただきます。







 
  1. 2011/08/24(水) 17:53:18|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雲いずるその国へ・その2

8月15日、20:30。


夜なので通りまでバイクを押して、チョークを引いて軽くキックを数回。

マフラーから「バスっ」とエンジンがかかる前兆。

本気のキックを振り下ろす前に、いつもと違って深呼吸。


2007
2007.jpg



前回の旅行から4年、いろんなことがあった。

環境も変わり、僕のバイクは違うバイクになった。

様々な人と出会って、ある種の人はつまらなさそうに去ってゆき、ある種の人は僕と距離を置きはじめ、ある種の人は楽しそうにまだ僕と遊んでくれる。

やっと最近それでいいんだと思うようになってきた、元々誰とでも仲良くやっていけるタイプの人間じゃないし、人の時間を無駄に使わせるのも申し訳ないし。

そんな話を彼としようかな、いやいやつまんねーよ、着いてビール飲んだらきっとそんなことはどうでもよくなっちゃうだろうしさ。

まあいいや、寝不足だけど行こうじゃないの。

目的地に着くまで時間はたっぷりある、何を話すかはその途中で考えよう。



「えいっ」と本気のキック。

ボッボッ、ババババババ・・・・。

ヘルメットをかぶりバイクにまたがる、左足のクラッチペダルを踏み込み左手でギアを1速へ放り込む、右手でアクセルを回し、左足を徐々に離すとバイクは前に進む。

いつもの動作なんだけど、それでも気持ちはわくわくして自然と頬は緩む。

何が起きるかわからないけど、西へ。

大好きな友達に会いにいこう!









・・・なーんて、かっこつけた書き出しでいいのかな?w


 
  1. 2011/08/20(土) 10:15:51|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雲いずるその国へ・その1

ひっちゃかめっちゃかに荷物をまとめて、旅の時しか付けないシーシーバーにぐるぐるに巻きつける。

さすがに超長距離になるのでフロントフェンダーを久々に取り付ける・・・・誰?誰?「やーい、ペリカン野郎」
って言ったの!

画像 007

まぁ、そんな感じで夜にのんびり出発します。

さっき先発組の友人から吉報が。

無事に着いたらしい、よかった。


さあ、4年ぶりの珍道中。

鬼が出るか蛇が出るか、さてさてやれやれ、行ってみましょうかね!



 
  1. 2011/08/15(月) 17:52:37|
  2. 2011 西へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Corndog

Author:Corndog
こんにちは。

所沢のエルミラージュさんでカスタムしたショベルヘッドのチョッパーに乗ってます。

Bキャブにマグネトー、10年前なら「漢だねぇ」と言われちゃうセットアップ。

案外普通に乗れちゃったりしてます。

チョッパーが好きなのか、チョッパーに関わるまともじゃない人達が好きなのか未だによくわかりません。

そんな人達やそんな人達のバイクにカメラを向けてます。

書く方の僕が脱力してるので、ここにいらっしゃった方も力を抜いてご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。